子供の英語教育に!不思議なカードゲーム『Spot it!』|大人の脳トレにも

『Spot it!』てなに?

『Spot it!』てなに?
『Spot it!』てなに?

息子たちが通っていた英語教室で知って以来、我が家でハマっているのがこの丸いカードゲーム「Spot it!」です。

アメリカやフランスを中心に大人気で、30万個以上売れているベストセラーゲームと言われています。

丸いカードには8つのイラストが描かれており、各カードにそれぞれ描かれているのイラストや配置は異なります。しかし不思議なことに、それぞれのカードに必ず1つだけ共通するイラストがあり、それを見つけるという遊びです。

非常にシンプルながら、大人から子供まで楽しめるゲームです。

『Spot it!』てなに?
『Spot it!』てなに?

共通するイラストは見つけられましたか?簡単そうに見えて、意外と難しいですね。

DobbleとSpot it!の違い

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥1,500(2021/10/21 00:13:09時点 Amazon調べ-詳細)

とてもそっくりなゲームでDobble(ドブル)と言うものがあるのですが、ほぼ同じです。

もともとDobbleとしてフランスで作られたカードゲームが、英語圏向けに出回るときにSpot it!になったようです。

ただ同じゲームとはいえ私がみた認識では…ですが、英語学習に適したものは主にSpot it!の方から出ている様に見えます。

Spot it! の遊び方

人数 2〜8人
時間 各10〜15分

ルール1

プレーヤーに一枚ずつカード配り、残りを真ん中に山札としておきます。持ち札と山札の共通するイラストを見つけた人からいい、山札から一枚取ります。山札がなくなるまで繰り返し、最後に一番手持ちが多かった人が勝ちです。

ルール2

プレーヤーに均等にカードを配ります。山札と共通するイラストをいい山札に出していき、早く手持ちがなくなったプレーヤーが勝ちです。

ルール3

プレーヤーに一枚ずつカードを配り、それぞれが表にし手のひらに乗せます。他のプレーヤーと共通するイラストも見つけたらいいながら相手に渡し、最後の一人になるまで繰り返します。山札がなくなるまで繰り返し、最後に一番多く持っていたプレーヤーが負けです。

英語学習に向いているものはどれ?

これは絵柄の中にアルファベットが混じっているタイプで、英語学習を始めたばかりのお子様におすすめです。絵柄も可愛いので、楽しんでできそうですね。

少し読める様になってきたら、この様に単語も含まれているもので遊ぶこともできます。

こちらは数字と形の習得にぴったりです。

created by Rinker
Blue Orange Games (ブルーオレンジ・ゲーム)

もちろん、この様なイラストのみのタイプでも大丈夫です。こちらのJr.タイプは小さなお子さん向けにイラストが6つになっており、より簡単に遊びやすくなっています。

『Spot it!』てなに?
『Spot it!』てなに?

※この様に英単語が書かれている一覧表が付属してきます。

実際にSpot it! で遊んでいる様子はこちらから

最新情報をチェックしよう!